お肌の老化の原因80%は紫外線が原因‼ | 美ハック-Be Hack-

お肌の老化の原因80%は紫外線が原因‼

2017年6月8日美について, ├スキンケア, └美容お役立ち情報

紫外線の影響

紫外線がもたらす老化!知ってますか?

まだ涼しい日も多い6月。夏本番が来る前に、紫外線対策やらないと〜と思っている方

[st-kaiwa1]遅いですよ![/st-kaiwa1]

6月は真夏の7月8月と並び、紫外線の強い時期。夏本番より体感的には日差しが弱くても、紫外線による肌へのダメージは強くなっています。

[st-kaiwa1]気をつけないとね![/st-kaiwa1]

[adsense]

スポンサーリンク

そもそも紫外線とは?

紫外線とは、太陽光線の1種。
紫外線には、UVA(A派)、UVB(B派)、UVC(C派)の3種類があります。
この3つは届く強さで分かれていて、

強 A > B > C 弱

UVAは、窓ガラスを通過
UVBは、オゾン層、雲に若干遮られ
UVCは、オゾン層を通過できない

とされています。

紫外線の種類

肌への影響

お肌の老化は加齢によるものももちろんありますが、大半は紫外線が原因だというから恐ろしいです…。先の3種類のうちUVAとUVBの2種類が、私たちが気をつけるべき紫外線。それぞれの影響はどんなものなのでしょう。

UVAの影響

UVAは届く範囲が広く、お肌の真皮層まで入ってきます。真皮層はコラーゲンなどの肌のハリを支えるとても重要な部分ですから、UVAを浴びることで「シミ・しわ・たるみ」を作ってしまうことに!

この「シミ・しわ・たるみ」を3大光老化と言うらしいから本当に紫外線って恐ろしいです。私の10代のころは、日焼けしてる=かっこいい時代だったので、私も喜んで日光の下で肌をさらしていました…。タイムマシンがあったら、あの頃の自分にプレゼンしたいです。

U赤く炎症を起こしたりはしないことから、日常のうっかり日焼けをしやすいです。

UVAに対する日焼け止め指数の表示は、PA+

UVBの影響

UVAのように肌の奥まで届きませんが、UVAよりも100~1000倍有毒性が高いと言われていて、火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して黒くなったりして、「シミ・そばかす」の原因になります。また、健康面では「皮膚がん・白内障・免疫低下」の原因になります。

UVBに対する日焼け止め指数の表示は、SPF

目も紫外線を浴びています

毎日少なからず紫外線を浴びている

冬でも、曇りでも、家にいても…
必ず紫外線は降り注いでいます。

ちなみに、1日のうちで1番紫外線量が多いのは午前10時~午後14時。できれば紫外線の強い5月~8月は、この時間帯を避けて外出できるといいのですが、なかなか難しいですよね。いまはUVカット加工のものがたくさんあるので、上手に取り入れて無理なく紫外線を浴びすぎない生活を心がけたいと思います。

美肌で有名な50代美人女優さんは、洗濯物を干す時でさえサンバイザー+マスク+UV手袋。もちろん長袖・長ズボンだそうです…。

加齢は止められなくても、紫外線による肌への影響は努力次第で最小限にできますから、肌年齢の加速は食い止められるはずですね!

私が今最も気になっているUVグッズはコレです。
出かける30分前に飲む日焼け止め!

美しさをキープするためのサポート まっしろ美白習慣

日焼け止めを塗って、帽子かぶって…。
子どもとのお出かけも太陽を怖がらずに済むかな♪

 

ブログランキングに参加中。ポチっと応援お願いします♪
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

スポンサーリンク