友チョコへのお返しは、いつ?何を贈ればいい?

育児, ├小学生, └幼児

バレンタインデーといえば、女の子同士でチョコを贈り合うことも多いですよね。

お互いにはじめから約束して交換する場合はよいのですが、もし子供が予期せぬお友達からもらってきてしまったら?お返しはすぐにするの?何を返せばよい?

などなど、友チョコのお返しについて、みんなどうしているか調べてみました!

スポンサーリンク

友チョコはお返しを貰うのが前提で渡してる?

本命の男性にあげるチョコと違って、義理チョコ同様、友チョコも「渡したらお返しをもらって当然」と思われている傾向があるみたいです。

何か貰い物をしたときは、お返しするのが社交上の一般的なマナーですから、子供がもらってくる友チョコも例外ではないということですね。

友チョコへのお返しはホワイトデーでいいの?

もしこちらから友チョコを渡さなかった相手からもらったときは、ホワイトデーに返せば、バレンタインデーのお返しだよ、というのがわかりやすくてよいですね。

習い事などでたまに会うようなホワイトデーに会わない相手の場合は、会えるタイミングで渡しちゃってももちろんOKです。

予算はどのくらい?

男性の場合は、もらったチョコより高めのものをお返しすることを期待されますが、同性同士の友チョコは同額程度のお返しで。

小学生の子供だったら、お小遣いの範囲で買えるものがよいようです。

あきらかに高めのものをお返ししてしまうと、かえって相手に気を遣わせてしまいますよね?

手作りのものをもらったら、お返しも手作りしないといけないの?


手作りが得意なら、手作りのものをお返しすればよいと思いますが、そうでなければ無理しなくてもOK。

でも、「〇〇ちゃんのチョコとってもおいしかったよ!ありがとう♪」と、手作りのものに対しての感想は一言添えてあげたほうがよいですね。相手は美味しく食べてもらえたかどうか、やはり気になっているものです。

また、ママ同士でも相手の子のママに会ったら一言お礼を言うとよいですね。手作りだとその子のママもお手伝いしてくれた可能性が高いので・・。

まとめ

子供同士のことといえども、お返しをちゃんとしておかないと、今後の交友関係に影響があるかもしれません。大人と同様でちゃんとお返しをするのが無難です。

バレンタインデーやホワイトデーをきっかけに、子供やママの交友関係がさらによくなるとよいですね!

スポンサーリンク