子どもが喜ぶ恵方手巻きで節分パーティ♪ 2018の恵方は南南東!掃除がラクな豆まき方法!

育児

節分の夜に恵方巻を食べると厄除けになると言われています。

節分の夜には「恵方手巻き」と「豆まき」で、邪気払いのための節分パーティはいかがですか?

恵方巻は、子ども自身に好きな具材を選ばせて、まきまき~っとさせれば楽しさ倍増です!

スポンサーリンク

恵方手巻き!子どもにおすすめの具材

恵方巻の中身の具材の数は、七福神に由来され7種類となります。
中身の具材は、特に決まりはないので、

・ かんぴょう
・ キュウリ
・ シイタケ
・ ウナギ
・ でんぶ
・ 伊達巻
・ エビ
・ ツナマヨ
・ カニカマ
・ サーモン
・ いくら
・ マグロ
・ レタス
・ チーズ

など、子どもの好きな具材を用意すればいいと思います。

恵方手巻き レシピ・作り方

  1. 平らな方を上にした巻きすに海苔を乗せる
  2. 海苔の上下に1.5㎝程余白をとり、隙間を空け少しずつ酢飯をのせていく。
  3. 端(左右)に手を添えしっかりと酢飯の形を整え、平らに均す。(ココ重要!)
  4. ご飯の下から1.5cm位の場所から順に、好きな具材を少しずつ7種類のせる。
    ※最初に置いた具材が巻いた時に中心になります。
    ※具材は左右の端から端まできっちり埋めましょう!

  5. お好みで、しょうゆやマヨネーズをつけて食べる。
  6. 巻きすで巻く!

巻きすで巻くのはちょっとコツがいりますが、キレイに巻けますよ!

みきママさんは、なんとラップで巻いてしまうそうです!
巻きすを持っていない方は、参考にしてみてくださいね。

節分恵方巻!2018の恵方は?

恵方とは、歳徳神(としとくじん)のいる方位のことで、2018年は南南東の南です。

節分に、福を巻き込む巻きずしを恵方を向いて食べると縁起が良いとされています。

つまり、歳徳神とは、その年の福徳を司る美しい神様のことですが、この歳徳神がいるのは、2018年は南南東の南なので、節分に巻きずしを恵方の方角を向いて食べることで、事が万事うまくいくと言われているということになります。

「豆まき」な掃除が簡単な方法で♪

2月3日の節分は、季節を分けるという意味で立春前夜です。つまり、2月4日は立春となります。

古来より、季節の変わり目には邪気が入りやすいと言われていたため、立春前夜の節分に邪気を払い新しい季節に福を呼びこむということで豆まきが行われるようになりました。

鬼は真夜中に来ると言われているので、豆まきは夜行います。

玄関や、窓を開けて「鬼は外」と外に豆をまき、邪気を払います。外に撒いた後は、邪気が入らないようにすぐにドアや窓を閉めます。今度は、「福は内」と家の中に豆をまき、福を招き入れます。最後に、年齢の数だけ豆を食べることで厄除けをします。

撒いた後の豆掃除が大変で嫌!

という方は、豆を小分けにしてネットや袋に入れたものを、シートの上に撒けばいいですよ♪

毎年節分になると、芸能人やスポーツ選手など著名な方々が豆まきを行っていますので、お出かけになるのも楽しいですね♪

まとめ

以上、恵方手巻きで節分パーティ♪についてでした。

太巻きを切らずに、そして会話もせずに黙々と食べる・・・というのは、子どもには難しいですし、のどにつかえてしまう危険もありますので、子どもが節分を楽しめればいいと思います。

子供が好きな恵方手巻きで、節分パーティを楽しんでみてください!

ブログランキングに参加中。ポチっと応援お願いします♪
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

スポンサーリンク