小学校に同じ保育園の子がいないのは可愛そう?実体験からお話しします

2018年1月3日育児, ├小学生

仲良しのお友達と同じ小学校に行けないということは多いかもしれません。

でも、同じ保育園から同じ小学校へ通う子どもが1人もいないとなると、ただでさえ不安な入学がさらに心配になりますよね!

我が家の長男は、自宅付近ではなく私の職場近くの保育園に通っていたため、同じ小学校へ通う子どもは1人もいない状態でした。

長男の性格は、

  • 究極の恥ずかしがり屋
  • 「初めて」が大の苦手
  • 気持ちを言葉にするのが下手

という感じです。

長男が友達ゼロ、顔見知りさえ1人もいない状態で小学校入学してどうなったかをお話しします。

スポンサーリンク

小学校入学前の様子

保育園ではやんちゃで明るく、友達がたくさんいました。

通っていたのは特徴が強い保育園でしたので、教育熱心でわざわざ遠くから通っているご家庭もけっこういました。

ですから、同じ小学校に通う友達がいる子ども自体が少なかったので、「長男も自分だけ違う」寂しさを感じずに済んだと思います。

実際、友達と一緒の小学校に行けないことは仕方のないことなんだという感じで、特に不満や不安を口にすることはありませんでした。

小学校入学式当日の様子

スーツを着てピカピカのランドセルを背負って、私と主人と一緒に小学校まで歩いていく間、緊張と不安の入り混じった顔をしていましたが、どちらかというとワクワクしている様子で安心しました。

小学校に着くと、クラス発表を確認して教室まで行き、そこで子どもとはお別れ。

親が入学式開始まで体育館で待機する間、子どもたちは教室で先生からのお話を聞きます。

2列に並んで体育館に入場してきた長男は、緊張マックス!という顔でしたが、その後は少しリラックスして式を終えました。

小学校登校初日の様子

うちの子供たちが通う小学校には、集団登校や登校班というものがありません。

しかもうちはギリギリ学区外通学で、子どもの足で小学校まで徒歩20分ほどの距離。

知り合いも1人もいないので、しばらくは私が途中まで一緒について行っていました。

通学路ごとの特定の場所に行くと、そこからは小学校の先生が子どもたちを連れて行ってくれます。

長男には前々から小学校は自分だけで歩いて通うんだよと話していたので、意を決して私にバイバイして別れました。

小学校入学1週間以降の様子

 

朝の登校時、通学路の途中で先生が待っていてくれるのも1週間で終わりです。

子どもの登校に付き添う親の姿も、1週間を境にほとんど見かけなくなりました。

それでも、長男はまだ1人で行けないと言うので、私は仕事に行く前に毎朝小学校までの道のりを長男と歩いていました。

通学路の途中でバイバイできる日もあれば、校門でバイバイする日もありました。

小学校入学後2週間目のある朝、いつものように長男と小学校に向かって歩いていたのですが、長男は途中で立ち止まって動かなくなってしまいました。

どうしたの?と聞いても黙って俯いているだけ。

しばらくすると、

「学校行きたくない〜」

とシクシク泣き出しました。

「お友だちいないもん。゚(゚´Д`゚)゚。」

と泣く姿は見ていて辛かったです。

学校行きたくないと泣く長男への対応

全然泣き止まず、もう遅刻は確実です。

私は内心焦っていましたが、

「小学校はお休みするにも電話じゃなくて連絡帳を先生に渡さないとダメなんだよ。

ママも教室まで一緒に行くから、先生の所に行こうね。」

と言い聞かせて、何とか小学校に着きました。

担任の先生に小声で事情を説明して、長男は教室の中へ。

私は後ろ髪引かれる思いで、帰りました。

小学校入学1ヶ月後の様子

長男が学校行きたくないと泣いたのは、あの日1日だけでした。

泣いて訴えても休ませてもらえないんだ…と思ったのかもしれません。

ただ、1ヶ月が経つ頃には会話の中にお友だちの名前が出てくるようになり、学校生活が楽しくなっているようでした。

でもまだ、保育園に戻りたいとか、◯◯くん(保育園で仲良しだった)はどうしてるかな?などポロっと本音を漏らしていた時期です。

小学校に同じ保育園の子がいない状態で入学した長男を見て思ったこと

小学校入学時に同じ保育園や幼稚園の子がいるだけで、すごく安心するものです。

子どももそうだけど、親も同じ。

全くのアウェイ状態での入学は、親子ともに大変でした。

できれば小学校近くの園に通う方が、何かと安心だなぁと感じました。

長男が小学校入学した時、すでに長女は同じ保育園に通っていたのですが、次女は小学校近くの保育園や幼稚園に通わせようと思っています。

でも、転勤や引っ越しなどで、知り合いのいない土地での入学を迎える方もいるでしょう。

完全アウェイだった長男も、夏休みを迎える頃には学校が楽しい!となっていましたので、過度の心配はいらないかなぁと思います。

まとめ

小学校入学だけど同じ保育園の子がいない!と心配されている方、入学後のイメージの参考になれば嬉しいです。

子どもの性格も違うので、慣れるまでの時間の差はあるかもしれません。

最初っから全然平気!という子もいるでしょうし。

私の知り合いには、小学校1年生の間ずーっと毎朝登校に付き添ったママもいます。

お子さんがどんな状態になっても、ドンと来い!とママが構えていれば安心出来るんだろうなと思います。

学校楽しい!となるまで、サポートしてあげてくださいね♪

スポンサーリンク