お花見は日本さくら名所百選に選ばれた斐伊川堤防桜並木へ家族揃って出かけよう!

子連れのおでかけ

木次町を代表するさくら並木があるのが、斐伊川堤防(ひいかわていぼう)です。大きな斐伊川を取り囲むように両側に溢れんばかりの桜並木がお出迎えしてくれます。

斐伊川堤防の桜並木は「日本さくら名所百選」に認定された中国地方随一の桜の名所と言われているんです。

我が家は毎年、お花見というと必ずここへ家族で出かけます。それはもう圧巻ですし、なんとも幸せな気分になれます。溢れんばかりの桜の魅力を堪能できる場所と言っても過言ではありません!

●桜の種類 ソメイヨシノ、エドヒガシ、ジンダイアケボノ
●桜の本数 約800本
●去年の開花状況 4月3日開花、4月7日満開
●駐車場 有り(無料)
●住所 島根県雲南市木次町
●交通アクセス JR木次線木次駅からすぐ(駅の目の前です)
松江自動車道三刀屋木次ICから車ですぐ

スポンサーリンク

斐伊川堤防桜並木は駐車場が多くて子連れに優しい

駐車場が無料というのは、家族連れには嬉しいですよね。小さな子供がいると、駐車場に停めて会場まで歩くだけで一大イベントのように大変ですから。

斐伊川堤防桜並木は、駐車場からも圧巻の桜並木が見えるほど近くに停めることもできます。ただ、すぐ満車になるので・・・我が家はいつも第2駐車場に停めて少し歩きます。それでも十分近いですよ。

木次の桜(私たちはこう呼びます)は周辺にたくさん無料の駐車場があるので停めるには困りません。朝早く出て少しでも近くに停めないと!と焦る必要がないのも嬉しいポイントです。

ただ少し歩くことになるので、小さなお子様がおられる方はベビーカーを持って行かれると良いと思います。桜並木を歩く際も、人がものすごく多くて大混雑なので、ベビーカーに乗せてあげると親も子も楽だと思います。

圧巻の桜並木を満喫しよう!

毎年3月下旬から4月上旬には、全長約2キロメートル、約800本の桜のトンネルが楽しめます。

斐伊川堤防の両サイドに植えられた桜が、まるでトンネルのようにお出迎えしてくれます。ぜひ満開の時期に足を運んでみて下さい。その感動と言ったら・・・心を奪われますよ!

斐伊川堤防桜並木の美しさには理由があります。

それは「桜守(さくらもり)」と呼ばれる専門職の方々が手入れされているからです。

樹齢80年以上の桜が現在も美しく花咲かせるにはこうした理由があったんですね。

これを知ってから、ますます私は木次の桜が大好きになりました!

夜桜も楽しめる斐伊川堤防桜並木

もちろん、夜桜だって楽しむことができます。それぞれの桜に灯されたぼんぼりが、これまた風情よく夜桜を演出してくれます。

ぼんぼりの点灯時間は18:00〜23:00となっていますが、桜の開花に合わせて変わるようです。

我が家はまだ子供が小さいので、夜桜は堪能できていませんが、もう少し子供が成長したら絶対に夜桜も見に行きたいと今から意気込んでいます!お酒なんて飲みながら、夜桜を堪能する・・・夢です(笑)

子供が喜ぶ出店、屋台が勢ぞろい

斐伊川堤防桜並木に家族で訪れる理由の一つが、屋台です。桜並木同様に、並木の両サイドに屋台や出店が並んでおり、お祭りのようです。

これには子供は大興奮!まさに花より団子。美味しい匂いにつられて、ついつい財布の紐も緩みます。

屋台は数も種類も豊富なので、お昼ご飯は屋台で済ませることも可能です。我が家は毎年そうしています。屋台でそれぞれが気に入ったものを購入し、それを土手で食べる。満開の桜を見ながらピクニック気分で何とも贅沢!

堤防の下は芝生のような土手になっているので、敷物を持ってお出かけされると良いと思います。子供が走ったりできるので、桜も見れて、子供も遊べる。なんともありがたいスポットです。

本当はお弁当を持ってくれば、もっと良いのでしょうが。ついつい屋台の魅力にやられて毎年お昼は屋台で購入している我が家です。なにせ子供が喜びます!

<最後に>

寒い冬がやっと終わり、待ちに待った春の到来。そして春といえばお花見!日本の素晴らしい四季を感じるには絶好の季節がやってきます。お花見は誰もが心癒されるイベントですよね。私はお花見が大好きです!

全国各地に桜の名所があります。島根県にお越しの際はぜひ、日本さくら名所百選に選ばれた斐伊川堤防桜並木へお越しくださいませ!約800本の桜並木と斐伊川の美しいコラボレーションをぜひご家族で堪能して下さいね。

スポンサーリンク