11歳息子思春期の反抗期到来?!どう対処するべき?

├3人育児, 育児, ├小学生

あか子(@akako_v)です。

我が家には今年11歳になった息子がいます。
息子は長男で、1番最初の子どもです。

最近、急激に親離れ&反抗的な態度をとるようになってきました。

今朝は、家を出た後すぐに「忘れ物した」と言って戻ってきて一緒に探したけど袋が見つからず、時間もないしそのまま手に持って家を出て行きました。

私がつい「前もって用意しておかないからこうなるんでしょう!」と怒ってしまったら、ドアを思いっきりバタんっと閉めて出て行ってしまいました。

もうイライラが抑えきれないという感じです。

 

私は、成長の段階として反抗期は必要なものだと考えています。

ですから息子の反抗期もおぉ来たか!という感じなのですが、できれば破壊的な反抗期にはしたくないです(汗)

(そして、短期間で過ぎてくれたら尚嬉しいです)

反抗期といわれる年齢って一般的に何歳なのか?
反抗期の子どもとうまく付き合うコツはあるのか?

私なりに調べたり感じたりしたことをまとめてみます。

スポンサーリンク

反抗期って何歳なの?

個人差はありますが、成長期における反抗期は3回あると言われています。

1度目は「魔の2歳児」と言われるように、2歳~3歳のイヤイヤ時代です。

2歳児の反抗は可愛いもんですけどね。これも3人子育てしている経験値があるからでしょう。

2番目は小学校低学年。口答えが多くなってくる時期ですね。

3番目の反抗期は思春期の第2次反抗期といわれるものだそうです。

私のイメージでは中学生くらいだったのですが、最近低年齢化して11~12歳と言われているそうで…

まさに、ドンピシャです(*´Д`*)

我が家には2歳児・小学校低学年・11歳と3つそろっているので、トリプル反抗期です(笑)

反抗期は必要なこと

これは私の個人的な考えではありますが、成長過程で反抗期があることは、健全な成長に繋がると思っています。

私自身は、中学生時代に反抗期を過ごしていました。

親の言うことなんて全く聞いていませんでしたが、親のことを悲しませたくはないと思っていました。

すごく矛盾しているのですが、反抗期ってそうゆうものなのかな?と思います。

私が自分にブレーキをかけていられたのは、親の接し方によるものだったと確信しています。

 

友人のMちゃんは、反抗期がないまま大人になったそうです。
長女としてわがままを言わず、下の兄弟たちの面倒もよく見ていたらしいので、親にとっては手のかからない、頼りになる子だったでしょうね。

でも大人になった今、母親との関係がこじれています。

というか、反抗期にしっかりと出さなかった欲求や感情が爆発している…と感じます。

 

うまく発散させつつ、反抗期をやり過ごすために親はどうしたらいいんでしょう(*´Д`*)?

思春期の第2次反抗期の特徴

  • 親よりも友だち優先になってくる
  • 親からの干渉を嫌う
  • 親にそっけない態度を取り始める
  • 感情的にイライラすることが増える

うちの息子にすべて当てはまっています( ノД`)シクシク…

友人関係では、付き合う相手によって子ども自身もかなり変わってくるので心配なところでもあります。でも、友だちとの時間を優先すること自体は、自立のためにも悪くないことです。

淋しいですけどね…。

イライラするのはホルモンの影響もあるらしいので、自分でもどうすることもできないんでしょうね。

私も生理前にイライラしている自分を止めたくても止められないという経験があるので、よく分かります。

反抗期をうまく過ごすためのポイント

ながら聞きをやめる!

下の子の相手をしながら…
お料理しながら…
スマホ見ながら…

忙しいのを言い訳に、こんなことをしながら子どもの話を聞いてしまう時があります。

これじゃあ、子どもの方も適当な態度になるのは当然ですよね!

反抗期であろうとなかろうと、子どものことを知るにはコミュニケーションが大切なことなのに、忙しさの中でつい疎かにしていました。

子どもにとっては、話しかけた時に親が手を止めて向き合ってくれるだけで、受け入れられている安心感があるはずです。

思い返せば、私の両親もそうでした!
忘れてしまうものですね…反省。

バカにしない

話を聞いてみたら「なんだそんなこと??」という時、正直あります。
でもそれが子どもですから、口が裂けてもそのセリフは言わないことです。

もし、本当に困っていることを「そんなくだらない事、自分でどうにかしなさいよ」と言われたら、もうこの人には悩みを言うのはやめよう…と思いますよね?

本当に些細な困りごとでも、きちんと聞いてあげる姿勢を取り続ける!

でなければ、どんどん親への信頼は薄くなって、何かあっても相談なんてしてもらえなくなってしまします( ノД`)シクシク…

感情的にならない

分かっていても人間だれでも感情に波はあるんですよね。でも、心がけるのは大切じゃないかなと思うのです。

叱るときにこそ冷静に話すように、ひと呼吸!

そして、感情に任せて子どもを否定するようなことを決して言わないように!

男の子なんだから、お兄ちゃんなんだから…という言葉も場合によっては使いますが、叱る時には使わないように気を付けています。

矛盾したことを言わない

子どももバカではありません。

「きちんと挨拶しなさい。」
「片づけなさい。」
「ご飯中にスマホはやめなさい。」

子どもに言うのは簡単ですが、親もきちんといつも同じようにできていなければ説得力ゼロですよね。

そして、命令するのではなくて、なぜ挨拶が大事なのか、片づける必要があるのか、ご飯中にスマホはダメなのか、しっかりと理由を伝えるのがいいと思います。

そうゆうものだから、みんなそうだから、では子どもにきちんと伝わらないです。

見守るしかできない

色々と書き連ねましたが、結局親って見守ることしかできないんですよね。

「甘え」と「反抗」を繰り返しながら自立に向かっていくので、甘えてきたら受け止めてあげるのも大事かなって思います。

息子には干渉しすぎず大切なことは伝えて見守る!という感じでいこうと思います。

そして、伝えたいことがきちんと伝わるように、親もしっかりと生活していかないとダメですね!

今信頼関係をしっかりと築ければ、反抗期を過ぎて大人になった時にも、仲の良い親子でいられるんじゃないかなと思うので、頑張ります♪

ブログランキングに参加中。ポチっと応援お願いします♪
 ブログランキング・にほんブログ村へ
 

スポンサーリンク