4月1日生まれが早生まれの理由はコレ!早生まれのデメリットからみるメリット

育児, └幼児

私の娘は3月生まれなので、クラスでは一番小さいです。だって、4月2日生まれの子供と比べると、約1年も歳の違う子と同じクラスで学ぶんですから。

公開保育に行くと、同級生の子供との差は色んな所に見えてきます。それでも一緒なことをやろうと必死な娘の姿に、見ているこっちが泣きそうになります。子供が小さなうちは特に、発達の差が浮き彫りになりやすくて育児に悩むじきですよね。

そもそも早生まれの定義は何なのか?また、早生まれのメリットについて考えてみました。

スポンサーリンク

4月1日生まれが早生まれになる理由

「早生れ」とは、1月1日から4月1日までの間に生まれた子のことを差します。

日本の法律(学校教育法)では、

「満6歳」をポイントに、学年を考えているんです。
保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。

(学校教育法 第17条第1項)

と定められています。

ここでポイントとなるのが「満6歳に達した日」です。

6歳おめでとうと祝うのは4月1日ですが、満6歳に達するのは前日3月31日の24時を指します。

ということは、4月1日生まれだと4月1日に満6歳に達していないということで、学年の中で最も早生まれという一になるんですね。

4月2日から12月31日までに生まれた子は、数え年で8歳で就学するのに対して、早生れの子は、数え年7歳で就学するところから「早生まれ」と呼ばれるようになったそうです。

4月1日生まれ メリット

エイプリルフールだからサプライズで誕生日が演出しやすい
●新年度のスタートということで、誕生日が覚えてもらいやすい
多少勉強や運動が出来なくても当然だと思われる

確かに。4月1日はエイプリルフールと一緒だし、誕生日はサプライズとか簡単に出来そうですよね。そして誕生日も覚えてもらいやすい。友達から「おめでとう!」と言ってもらえる回数は確かに多くなりそうです。いいなぁ。

運動や勉強には結構差が出てきますね、だって1年も違うので。これは私が実感しています。生まれ月のせいにはしたくないけど、担任の先生から「早生れさんですもんね」みたいなフォロー?を何度も受けました。

最後にもう1つ私が思うメリットがあります。

人より早いうちからたくさんの刺激を受けて成長できる

周囲から受ける刺激がものすごく成長に影響する幼少期に、我が子は2人とも0歳から保育園に入っています。

子供にとっては早生まれとか関係ないので、月齢差があっても同じことがしたいし、出来ると思って挑戦します。結果、出来なかったとしても、そのチャレンジする気持ちや、方法を早くから沢山経験して身につけられるのはメリットだな、と実感しています。

4月1日生まれの有名人

4月1日生まれの有名人は結構たくさんいらっしゃいます。

  • 桑田真澄(元プロ野球選手)
  • 竹内結子(女優)
  • 高橋克実(俳優)
  • 林真理子(作家)
  • 八木沼純子(元フィギュアスケーター)
  • 岡本圭人(Hey!Say!JUMP)

サッカーの日本代表のザッケローニ元監督や塩沢ときさん(歌手)なども4月1日生まれです。

こうやって見てみると、プロのスポーツ選手もいるし優れた才能のある方たちばかり。まぁ、だからこそ有名人なんですけど(笑)

4月1日生まれ 早生まれのまとめ

早生まれだからと成長の差に一喜一憂してしまうのが親心ですが、大人になれば関係のない事!

むしろ、小さいうちに身体が小さい事や発達度合いの差に負けじと頑張る心を学べば、大きくなってからとても強みになるはずです。

早生まれに限らずどんなことにもデメリットはあるものですが、それを知ってうまく利用することができたら…最強です!

スポンサーリンク